昭和のくらし 第7回「~蚊帳ですごした夏~」

群馬県・高崎市 / 群馬県立歴史博物館

昭和時代の夏の生活用品を知る

昭和のくらし 第7回「~蚊帳ですごした夏~」
昭和の時代に使用されていた道具を紹介

テーマ展示「昭和のくらし」の第7回のテーマは「蚊帳ですごした夏」。日本では古くから、暑い夏でも快適に過ごせるように工夫がされてきた。夏の暮らしの道具として氷冷蔵庫などを展示。また、時代と共に変化してきた道具の移り変わりの歴史も紹介する。また、2019年1月4日(金)からは、第8回「こたつでみかんを食べた冬」と題し、冬の暮らしで使われてきた道具を紹介する。

  • 今日 25℃20℃
  • 明日 28℃18℃

昭和のくらし 第7回「~蚊帳ですごした夏~」 イベント情報/アクセス

イベント情報

開催場所・会場 群馬県立歴史博物館
イベント名 昭和のくらし 第7回「~蚊帳ですごした夏~」
イベントジャンル 美術展・博物展
開催日・期間 2018年10月6日(土)~12月16日(日) ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
開催時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
料金 有料 常設展示料金で観覧可能

アクセス情報

会場名 群馬県立歴史博物館
会場住所 群馬県高崎市綿貫町992-1 MAP
駐車場
会場アクセス 【電車】 JR倉賀野駅から高崎市内循環バスぐるりん岩鼻線15系統昭和病院行き約9分 【車】 上信越自動車道藤岡ICから約10分
お問い合わせ 027-346-5522
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報