赤間神宮

山口県・下関市 / 神社

竜宮城のような社殿が特徴的

赤間神宮
鮮やかな朱門が緑に映える

1185(寿永4)年に源平壇ノ浦の合戦に敗れ、平家一門とともに入水した安徳天皇を祀っている。社殿は鮮やかな朱色に塗られ、竜宮城を思わせる独特の造りになっている。境内には平家一門の墓(七盛塚)や耳なし芳一堂、歴史資料を展示する宝物館など、見どころも盛りだくさん。毎年5月3日に行なわれる先帝祭は全国的に知られ、多くの参拝者が訪れる催事だ。

  • 今日 23℃19℃
  • 明日 24℃18℃

赤間神宮 神社の情報 / 施設情報

神社の情報

スポット名 赤間神宮
スポットジャンル 神社 初詣
定休日 なし
営業時間 社務所 9:00~17:00 毎年1月1日0:00~22:00、1月2日・3日7:30~21:00 ※参拝は終日可能
料金 宝物館 100円
撮影可否
国宝・重要文化財の有無 なし 長門本平家物語(宝物館に収蔵)
例年の人出数 約18万人
ご利益 安産・水難除け

施設情報

住所 山口県下関市阿弥陀寺町4-1 MAP
交通アクセス 【電車】JR下関駅から長府方面行きバス約10分「赤間神宮前」下車徒歩すぐ 【車】中国道下関ICから約13分
駐車場 50台 無料
全体備考 1月2日には「舞楽始め」が行われる。駐車場や周辺道路など大変混雑するので公共交通機関の利用を勧めている。
お問い合わせ 083-231-4138 赤間神宮
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報