茂宇気神社

鳥取県・鳥取市 / 神社

金運・商売繁盛の神様として人気の「もうけ神社」

茂宇気神社
社殿へは約200段の石段をのぼって進む

※本ページ記載の内容は2017年度以前の情報です。
ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
起源は明らかでないが、古くから地元の氏神とされてきた。当初は妙見大権現と称されており、明応年中(1495年ころ)の棟札が現存している。1692(元禄5)年に妙見茂宇氣神社と改称し、1868(明治元年)年の神社改革にあたり茂宇気神社とさらに改称。「もうけ」という名前から商売繁盛・金運の神様として人気を集め、メディアでも取り上げられたことから、全国から多くの参拝者が訪れるようになった。初詣の時期には毎年、汁・お雑煮のふるまい、もちつき大会、参道のライトアップ、物産販売が行われる。

  • 今日 30℃24℃
  • 明日 31℃24℃

茂宇気神社 神社の情報 / 施設情報

神社の情報

スポット名 茂宇気神社
スポットジャンル 神社 初詣
営業時間 終日開放
例年の人出数 800人
ご利益 家庭平和・金運・健康

施設情報

住所 鳥取県鳥取市鹿野町河内 MAP
交通アクセス 【電車】JR浜村駅から日ノ丸バス約30分「毛古屋」下車徒歩すぐ 【車】鳥取道鳥取ICから約30分
駐車場 無料
お問い合わせ 0857-84-3988 茂宇気神社社務所
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報