宇倍神社

鳥取県・鳥取市 / 神社

紙幣にもなった御祭神

宇倍神社
入母屋造妻入に向拝屋根を追加した拝殿

※本ページ記載の内容は2017年度以前の情報です。
ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
648(大化4)年創建。日本最初の大臣である武内宿禰命(たけうちのすくねみのみこと)が現本殿の後ろにある亀金丘にて御昇天したと伝えられている。武内宿禰命は八幡神の育ての親で、日本一の長寿の神、商売繁昌の神であり、社殿と共に紙幣の柄になったこともある。現在は、その紙幣をモチーフにした商売繁昌のお守りが頒布されている。そのため、金運アップを祈願しに訪れる参拝客が後を絶たない。

  • 今日 30℃24℃
  • 明日 31℃24℃

宇倍神社 神社の情報 / 施設情報

神社の情報

スポット名 宇倍神社
スポットジャンル 神社 初詣
定休日 なし
営業時間 9:00~17:00 ※12月31日9:00~1月1日3:00、9:00~17:00、1月2日・3日9:00~16:00
料金 入場無料
例年の人出数 約10万人
ご利益 商売繁昌、出世祈願、無病息災

施設情報

住所 鳥取県鳥取市国府町宮下651 MAP
交通アクセス 【電車】JR鳥取駅から車で10分
駐車場 30台 無料
お問い合わせ 0857-22-5025
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報