最上公園

山形県・新庄市 / 公園

天満神社、戸沢神社、護国神社が祀られる歴史深い公園

最上公園
春には堀の水辺に沿って約350本の桜が見頃を迎える

寛永2(1625)年に新庄藩祖の戸沢政盛が築いた新庄城址に整備された公園。現在も新庄城の堀や生け垣が残り、戸沢神社、天満神社、護国神社を祀る最上公園として市民の憩いの場となっている。園内には堀を囲むように約350本の桜が植栽されており、春の開花シーズンには多くの花見客が訪れる他、本丸の堀の周囲は散策路になっており、ジョギングにも最適のスポットとして親しまれている。

  • 今日 24℃16℃
  • 明日 24℃15℃

最上公園 公園の情報 / 施設情報

公園の情報

スポット名 最上公園
スポットジャンル 公園
定休日 なし
営業時間 終日開放
花の種類 ソメイヨシノ、アジザイ、他

施設情報

住所 山形県新庄市堀端町2-1 MAP
交通アクセス 【電車】JR新庄駅から徒歩15分 【車】東北中央自動車道東根ICから約50分
駐車場 20台 無料
ペット同伴
お弁当の持込
再入場
お問い合わせ 0233-22-2111 新庄市商工観光課
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報