豊平神社

北海道・札幌市豊平区 / 神社

商売繁盛・開運厄除にご利益

豊平神社
境内では月に1回、青空骨董市が開かれている

札幌市の豊平地区は東北地方からの移住者が多いこともあり、1871(明治4)年に青森の猿賀神社祭神を、現在の神殿の東方に小さな祠を造って奉ったのが始まり。その後大山祇神、倉稲魂命を合祀して豊平区の氏神様として奉斎され現在に至る。境内には、縫い針に感謝し縫製技術の上達を祈願するための針塚と針供養歌碑があり、歌碑には北海道の代表的な歌人であった小田観蛍の作品が刻まれている。

  • 今日 16℃6℃
  • 明日 15℃5℃

豊平神社 神社の情報 / 施設情報

神社の情報

スポット名 豊平神社
スポットジャンル 神社 初詣
定休日 なし
営業時間 終日開放 ※社務所は1月1日0:00~21:00、2日8:00~20:00、3日8:00~19:00
料金 入場無料
例年の人出数 約2万人(三が日)
ご利益 商売繁盛、開運厄除

施設情報

住所 北海道札幌市豊平区豊平4条13-1-18 MAP
交通アクセス 【電車】市営地下鉄豊平公園駅より徒歩10分
駐車場 30台 無料
お問い合わせ 011-811-1049
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

おすすめ情報